国際教養学科AO入試 AO入試

1.募集人員

学部 学科 募集人員
国際教養学部 国際教養学科 10名
国際教養学科GSEメジャー (2名)

2.趣旨および概要

この入試は、国際教養学部国際教養学科が掲げるアドミッション・ポリシー(入学希望者に求める人物像)に基づき、アドミッション・ポリシー・レポート、面接、課題発表、入学前学習計画の作成によって、高校生としての今までの学生生活を多面的に評価し、本学部本学科への入学希望者に求める人物像として、ふさわしい資質を有する学生を迎え育てることを目的とする。本入試では、受験者との面談を重ねることにより、受験者に入学後の学びの意志を明確にさせ、合格から入学までの期間をとおして、入学前教育を着実に進めていく。受験者は、教員によるアドバイスを受けながら、自らの学びの目的に合った入学前学習計画を作成し、その計画に沿って学習を進めていくことによって、大学で学ぶための十分な準備をして入学に臨む。

3.出願資格

出願することのできる者は、次の各号のすべてに該当する女子とする。

  1. 合格した場合、必ず本学に入学する者
  2. 国際教養学部国際教養学科のアドミッション・ポリシーにふさわしい資質を有する者
  3. 高等学校または中等教育学校を卒業した者(社会人も含む)、あるいは2017年3月卒業見込みの者、または高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると本学において認めた者(大学入学資格検定または高等学校卒業程度認定試験に合格した者)
  4. 英検2級あるいはTOEIC500点以上(またはこれらに相当すると本学が認めた資格)を有する者(GSEメジャー志望者のみ)

4.選考方法

選考 一日目 選考日 2016年9月11日(日) 9:30集合 10:00開始
選考内容 教員と相談しながら、レポートの内容にもとづいて、今後の学習を具体化していくために必要な作業や課題などについて考える。
  • 全体会: AO入試の趣旨や実施方法、本学科での学びについての説明
  • 面接: 提出されたレポートの内容についての確認、入学前に準備しておくことや、入学後の学びについての助言
  • 個々の学びに応じた課題の設定
選考 二日目 選考日 2016年9月25日(日) 9:30集合 10:00開始
選考内容 教員のアドバイスを受けながら、入学前にどのような学習をしていくかをまとめる。
  • 課題発表
  • 入学前学習計画の作成

5.出願手続

インターネット
出願期間
2016年8月29日(月)~9月5日(月)
インターネット出願登録締切:9月5日(月) 午前11:00
入学検定料納入締切:9月5日(月) 午後3:00
出願書類
提出期間
郵送受付:2016年8月29日(月)~9月3日(土) 締切日消印有効
窓口指定受付日:2016年9月5日(月) 午前9:00~午後4:30
※インターネット出願登録完了後、入学検定料を納入し、出願書類を郵送しなければ出願は完了しない。

出願書類

写真 たて4cm×よこ3cm、最近3か月以内に撮影したものを、裏面に名前、出願番号を明記し、同封すること。
誓約書 (所定用紙No.4-AO)※志願者本人が記入のこと。
調査書 出身学校長が作成し、厳封したものを提出すること。
大学入学資格検定又は高等学校卒業程度認定試験合格者は「合格証明書」および「合格成績証明書」を提出すること。免除科目がある場合は、免除科目の修得証明書(調査書)を提出すること。
資格証明書の写し
(GSEメジャー志望者
のみ)
英検2級合格証書あるいはTOEIC500点以上のスコア表、またはこれらに相当すると本学が認めた資格のいずれかの写しを提出すること。
切手 362円分の切手を同封すること。
アドミッション・
ポリシー・レポート
(GSEメジャー以外)
国際教養学部国際教養学科での学びについて、今までのキャリアを踏まえて明確に主張すること。
(800字前後でまとめ、 (a)~(f)のいずれに該当するかを明示すること。パソコンによる作成、手書き、いずれも可とする。) ※補足Aを参照
本レポートの内容と関係のある資料があれば、あわせて提出すること。 ※補足Bを参照
アドミッション・
ポリシー・レポート
(GSEメジャー志望者)
国際教養学部国際教養学科での学びについて、今までのキャリアを踏まえて明確に主張すること。
(250語から300語の英語の文章でまとめ、 (a)~(f)のいずれに該当するかを明示すること。パソコンによる作成、手書き、いずれも可とする。) ※補足Aを参照
本レポートの内容と関係のある資料があれば、あわせて提出すること。 ※補足Bを参照
上記の書類を市販の角形2号封筒(24.0cm×33.2cm)に同封の上、送付用宛名ラベルを印刷し、記入後、封筒に貼り付け、速達簡易書留にて郵送すること。
入学検定料 30,000円
インターネット出願登録完了後、入学検定料を納入すること。

※一旦納入した検定料および出願書類は、いかなる事由があっても返還しない。

6.合格発表

発表日 2016年10月1日(土)

  1. 受験者本人および出身校校長に合否を速達郵便で通知する。
    (通知書は、地域によって配達が発表日の翌日になる場合がある。)
  2. 電話等による合否の問い合わせには一切応じない。

7.入学手続

納入金手続期限 一括:2016年10月21日(金)  入学金、授業料・施設維持資金の1年次春学期分

合格者には合格通知とともに、入学手続きに必要な書類を送付する。

  1. 授業料等納入金はこちらを参照すること。
  2. 期限内に納入のない場合は、無効となる。

8.補足

A 国際教養学部国際教養学科のアドミッション・ポリシー

国際教養学部国際教養学科のアドミッション・ポリシーと、その項目【(a)~(f)】に対応したアドミッション・ポリシー・レポートの設定テーマを、下記に記す。

アドミッション・ポリシー

  1. 環境や貧困、紛争、差別などに関わる世界的な課題に関心をもち、その解決のために広く深く学びたいという意欲をもつ人
  2. 都市や地域の文化・芸術に関心をもち、その探求に意欲をもつ人
  3. 国際化する日本における文学や文化に関心をもち、その固有性と普遍性との関連について学ぶ意欲をもつ人
  4. 国際社会における英米の文学や文化に関心をもち、その多様性について複眼的に考える視点を身につけたいという意欲をもつ人
  5. ビジネス実務能力・情報リテラシー能力に加え、幅広い教養に基づくコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を身につけたいという意欲をもつ人
  6. 国際的な視野と深い教養を身につけ、教育者として活躍するために必要な学びを継続・達成したいという意欲をもつ人

アドミッション・ポリシー・レポートの設定テーマ例

  1. 「私とグローバル化社会」
  2. 「私と都市文化」「私と芸術」
  3. 「私と日本文学」「私と日本語」
  4. 「私と英米文化」「私と英語」
  5. 「私が身につけたいキャリア能力」
  6. 「私がめざす教育者」

B 資料の例(提出は自由)

GSE(Global Studies in English)メジャー

英語によるスピーチコンテスト・英文朗読コンテストへの出場や入賞を示す書類や資料もしくは写真
海外在住・海外留学経験あるいは海外における語学研修およびホームステイ等を示す書類や資料もしくは写真
その他、アドミッション・ポリシー・レポートの内容を裏付ける書類や資料もしくは写真 など

「英語系メジャー」タイプ

アドミッション・ポリシー・レポート(d)(f)

実用英語技能検定準2級/TOEIC Bridge140点以上 などの資格証明書の写し

英語によるスピーチコンテスト・英文朗読コンテストへの出場や入賞を示す書類や資料もしくは写真
海外在住・海外留学経験あるいは海外における語学研修およびホームステイ等を示す書類や資料もしくは写真 など

「国語系メジャー」タイプ

アドミッション・ポリシー・レポート(c)(f)

日本漢字能力検定2級/日本語検定2級/ビジネス電話検定2級/日本語ワープロ検定試験2級 などの資格証明書の写し

作文コンクールへの出場や入賞を示す書類や資料もしくは写真
日本語スピーチコンテストあるいは朗読コンテストへの出場や入賞を示す書類や資料もしくは写真 など

「社会系メジャー」タイプ

アドミッション・ポリシー・レポート(a)(b)

実用数学技能検定2級/歴史能力検定2級/旅行地理検定2級 などの資格証明書の写し

各種、書類や資料もしくは写真の例
絵画・彫刻コンクール入賞を示す書類や資料もしくは写真
国内外のボランティア等の社会的活動を示す書類や資料もしくは写真 など

「ビジネス・情報系メジャー」タイプ

アドミッション・ポリシー・レポート(e)

簿記2級/秘書検定2級/ビジネス実務マナー検定2級/情報処理技能検定2級/パソコン検定試験2級 などの資格証明書の写し

部活動の活躍を示す書類や資料もしくは写真
生徒会役員の経験を示す書類や資料もしくは写真 など