日本語・日本語教育国際教養学部
国際教養学科

世界の言語の一つである日本語を分析・理解し、日本語の教え方を学ぶ。

日本語・日本語教育 世界の言語の一つである
日本語を分析・理解し、日本語の
教え方を学ぶ。

日本語を世界の言語の一つとして客観的な立場から分析し、理解します。さらに、日本語を母語としない、多様な文化的背景や価値観を持った人たちに対する日本語教育を、複合的・専門的に学べます。

学びの特色

少人数制で言語表現の能力を磨く

話し言葉、文章表現、書道などのスキルを、各授業の受講者数を制限した少人数制により、徹底的に磨きます。

日本語運用能力を活かし、活躍する

身につけた高い日本語運用能力を活かし、幅広い業種への就職が可能です。一般職、総合職、営業職、教員などで広く活躍できます。

適切な指導のできる日本語教員に

日本語を母語とせず、異なる文化的背景や価値観を持つ学習者に対して、適切なアプローチができる日本語教員をめざします。

授業紹介

日本語教授法Ⅰ・Ⅱ

日本語教授法Ⅰ・Ⅱ

日本語教育に必要な知識を実践的に学ぶ

日本語の教授法や想定される問題を、お互いにディスカッションしながら検討し、教案作りや模擬授業に挑戦します。そうした実践的な学びを通して、実際に日本語教育に携わるために必要な知識を身につけます。

日本語学概論Ⅰ・Ⅱ

日本語学概論Ⅰ・Ⅱ

日本語の特徴を多角的にとらえる

日本語学のうち、発声、発音、アクセント、古代語の音韻、文字表記、社会言語学・方言学、文章・談話などの基礎を学びます。日本語の特徴をさまざまな角度からとらえることで、他の言語との共通点や相違点を理解します。

その他講義一覧

  • 日本語の文字と語彙
  • 現代日本語基礎文法
  • 言語とコミュニケーション
  • 日本語フィールドワークⅠ
    (日本語の方言)
  • 日本語フィールドワークⅡ
    (郷土資料調査)
  • 日本語学概論Ⅰ・Ⅱ
    (音声言語を含む)
  • 日本語話し言葉講座Ⅰ・Ⅱ
  • 社会言語学
  • 現代社会言語学の諸問題
  • 古典日本語基礎文法
  • 比較言語コミュニケーション研究
  • 比較言語学Ⅲ(アジアの言語)
  • 比較言語学Ⅳ(ヨーロッパの言語)
  • 認知言語学概論
  • 心と言語表現
  • 日本語教育概論Ⅰ
    (コースデザイン他)
  • 日本語教育概論Ⅱ(四技能教育)
     
  • 日本語音声学
     

など

めざせる進路

  • 日本語教員
  • 出版業界
  • マスコミ業界
  • 広告業界
  • コピーライター
  • アナウンサー など

海外実習

海外実習

日本語教育に必要なスキルを磨く
日本語教育実習

4年次に、中国の提携校で行われる現地の大学生を対象とする日本語教育実習と、中国から本学に来た研修生を対象とする日本語実習があります。実習に向けての教材作り、発表、模擬授業などの準備から、実習後の成果分析、報告書作りを通して、日本語教育の現状を理解し、日本語教師として必要な能力を磨きます。