日本文学・日本文化国際教養学部
国際教養学科

日本の文化・文学と深く向き合い、発信できる力を養う。

日本文学・日本文化 日本の文化・文学と深く
向き合い、発信できる力を養う。

国際化が進む今、自国の文学や文化を理解し、発信していく力が求められています。日本文学や日本文化について、さまざまな文献や資料を独自の視点で読み解き、解釈できる論理的思考力を養い、自らの考えが相手に伝わるように表現できる国際人をめざします。

学びの特色

古典から現代文学まで幅広く学ぶ

古文・漢文から現代文まで、ジャンルも童話からジャーナリズムまで幅広く研究し、他者を理解するための“想像力”を養います。

実践的活動で問題解決能力を磨く

フィールドワークやディスカッションなどの実践的な学びを通して、課題を発見し、自分で考え、問題を解決する能力を磨きます。

幅広い進路を実現する力を修得

文章表現力や論理的思考力は、作家・文筆家に限らずあらゆる業種・職種に活かせます。書物に関する専門性を活かして図書館の司書もめざせます。

授業紹介

昔話・童話の世界

昔話・童話の世界

昔話や童話へ多角的にアプローチ

さまざまな昔話や童話を取り上げ、それを読み解きます。単純に見える昔話にも実は深い意味が隠されていることを理解し、文学表現としての研究や心理学的なアプローチなど、研究対象としての多様なとらえ方も学びます。

日本近現代文学史

日本近現代文学史

時間軸の中で個々の作品の意義を見すえる

最初に日本近現代史を軸にして、「近代」「現代」への理解を深め、その後、樋口一葉、夏目漱石などの近代文学、太宰治などの現代文学の代表的作家、作品を考察。時代の移り変わりに伴う作品の質の変化を追いかけます。

その他講義一覧

  • 日本文学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 漢文学概論Ⅰ・Ⅱ
  • 昔話・童話の世界
  • 日本近代文学の世界
  • 日本現代文学の世界
  • 女性文学の世界Ⅰ(古典編)
  • 女性文学の世界Ⅱ(近現代編)
  • 比較文学
  • キリスト教文学
  • 日本王朝文化の世界
  • 日本中世文化の世界
  • 日本江戸文化の世界
  • 文芸創作
  • ジャーナリズムの研究
  • 演劇論
  • 日本の芸道

など

めざせる進路

  • 中学校・高等学校教員(国語)
  • 日本語教員
  • 学校図書館司書
  • 図書館司書
  • 学芸員
  • 塾講師
  • マスコミ業界
  • アナウンサー
  • 出版業界
  • 作家、童話作家、その他文筆業など

フィールドワーク

フィールドワーク

日本文学ゆかりの舞台を探訪する
フィールドワーク文学地踏査

講義で和歌・小説を読み、その舞台を実際に訪れ、コース内にある文学ゆかりの地を訪ねます。作品を背景としたその土地の説明文、コース、スケジュールは、学生のグループ学習・発表をもとに作成します。京都でのフィールドワークでは、『平家物語』、芭蕉『嵯峨日記』、漱石『虞美人草』、川端『古都』の舞台を訪問しました。