平和学国際教養学部
国際教養学科

地球的な視野で思考し、女性の視点で<br>平和な社会を創り出すリーダーをめざす。

平和学 地球的な視野で思考し、
女性の視点で平和な社会を
創り出すリーダーをめざす。

女性の視点に立ち、平和な社会を創り出す担い手となって、「ヒロシマの心」を世界に伝えていける人材、また、国際的・地球的な視野で思考しながら、地域社会に貢献する人材の育成をめざします。

学びの特色

グローバル社会で活かせる力を育成

語学力の向上や留学だけでない、「人を受け入れられる」グローバル感覚を身につけ、共に理解して生きる共生社会の実現をめざします。

視野を広げ、実践する力を磨く

平和や人権に取り組む方の体験に基づく講義、自分で考え調査結果をまとめるフィールドワークを通して、広い視野と実践力を育てます。

平和な社会をめざす女性リーダーに

女性ならではの視点で、平和、人権、政治について考え、平和な社会を実現するリーダーシップと行動力を養います。

授業紹介

地球市民論

地球市民論

「共生社会」に実現について考える

日本社会に生き、国際社会に生きる者として、今日の社会の現状と課題について知り、広島を中心に活動している活動家の方々の報告も聞きます。また、「内なる国際化」について考え、「共生社会」実現の意義と方策を探ります。

現代社会論

現代社会論

男女共同参画社会の実現をめざして

「男女共同参画社会基本法」を学修し、世界の女性の社会的地位向上や、ワークライフバランス社会の実現に向けた取り組みなどを理解します。男女平等社会実現に向け、社会変革の担い手としての自覚を高めます。

その他講義一覧

  • 平和学入門
  • ヒロシマ
  • 現代社会と人権
  • 地球市民論
  • 平和と人権
  • 平和学フィールドワークⅠ
  • 平和学フィールドワークⅡ
  • 平和学特別講義Ⅰ(戦争と人間)
  • 平和学特別講義Ⅱ(核と人間)
  • 平和学講読Ⅰ(Summer Cloud)
  • 平和学講読Ⅱ(SADAKO)
  • 現代アジア社会論
  • 現代アフリカ社会論
  • アジア・アフリカフィールドワーク
  • 開発と文化
  • 女性学入門
  • 現代ジェンダー考
  • 現代女性と身体
  • 現代社会論(男女共同参画社会)
  • 女性労働論
  • 女性の政治参画
  • フェミニズムの思想
  • キリスト教と女性

  • Hiroshima StudiesⅠ
    ( Abolition of Nuclear Weapons)
  • Hiroshima StudiesⅡ
    (Peace Studies)
  • Hiroshima StudiesⅢ
    (Research)
  • Traditional & Contemporary Japan Studies

など

めざせる進路

  • 国家公務員・地方公務員
  • 女性センター(男女共同参画センター)職員
  • 国際センター職員
  • 国際協力NPO・NGO職員
  • 公民館・社会教育団体職員
  • 地域づくりNPO職員
  • 出版業界
  • 放送業界
  • ジャーナリスト
  • 一般企業等でのグローバル
    スタッフ など

フィールドワーク

フィールドワーク

地域社会に貢献できる力を身につける
平和学フィールドワーク(ベトナム)

ベトナム戦争の地を訪ね、日本社会や国際社会の現状と課題について学び、平和や人権に対する「自らの価値観」形成をめざします。ハノイの女性博物館、ホーチミンのクチ解放区村の地下トンネル、戦争証跡博物館などを見学する予定です。国際的な視野で思考し、地域社会に貢献できる力を育みます。