教育方針

教育課程

1.カリキュラム・ポリシー(教育課程編成の方針)

本学におけるカリキュラムは、全学共通の「共通基礎科目(C1)」「共通教養科目(C2)」と各学科の専攻プログラム(C3)、「関連科目Ⅰ(C4)」「関連科目Ⅱ(C5)」という体系から構成されます。

(1) 重畳型のカリキュラム体系とそれを支える総合学生支援センター

本学におけるリベラル・アーツは、全学共通のC2と専攻プログラム(C3)において重なり合っています。このことは、単に従来型の教養と専門という区分・順番ではなく、教養の力は個々の実践のプロセスにおいて発揮され、それを実践者が実感し、見直すプロセスにおいて重畳的に体得されるという考え方に基づいたカリキュラムとして具体化されています。
しかしながら、そのことは、学生個人が事前に意識するものではなく、事後的に実証されていくものであり、教職員による十全なサポートが必要です。そのために設けられる組織が総合学生支援センターです。CLCはC1およびC2の運用責任を負い、C3についてはFDを通じて教育方法・教育内容の改善について提言を行います。学生は、CLCでの直接的な履修支援のほか、各種の学習支援や課外活動支援を通じて、学習プロセスそのものの充実を図ることができます。

(2) 初年次教育

「共通基礎科目(C1)」は各学部・学科で本格的な学習を進めていくための前提として、「知的基礎体力」をつけることを目的としています。ここでは、多様な入試形態に連動した入学前教育と連携させ、初年次教育としての徹底したリテラシ教育、大学を知り、大学生活そのものをプランニングするという発想をもったキャリア教育を実施します。

(3) 全学共通教養科目

「共通教養科目(C2)」は、「人文科学知」「社会科学知」「自然科学知」という伝統的枠組みに加えて、科目間の学問的近縁性、方法や対象の共通性を考慮して3科目ごとのユニット(科目群)を構成し、ユニット毎の履修を推奨することによって、教養の幅を修得させることができます。

(4) 卒業論文(含、研究)

卒業論文という成果物の提出のみならず、問題の発見、広い文脈のなかでその問題を位置づけること、目的の設定、方法・手段の選択、資料収集、分析・検討といった、論文作成のための一連の流れを重視します。

国際教養学部(Faculty of Liberal Arts)
国際教養学科(Department of Liberal Arts)

1.人材の養成と教育研究上の目的

国際教養学部は、専門的知識・技術、他の専門との対話を通して修得される幅広い見識、国際的な視野、問題発見・解決能力、批判的思考力、判断力を含む幅広い教養の獲得と、建学の精神であるキリスト教主義に基づく人間愛にあふれる豊かな人間性の涵養を目的とします。より具体的には、国際化・情報化時代に対応できる言語運用等の能力・技術をもった人材、社会の様々な場において課題を総合的に調査・考究し、解決する能力をもった人材、異文化間における真のコミュニケーション能力、および豊かさをもって人間形成を支援する能力を持った人材の養成を目的とします。

2.カリキュラム・ポリシー

学部・学科設置の趣旨および理念、教育方針に基づき編成された教育課程の特色は以下のとおりです。

  • 14の専攻プログラム(メジャー)と10の副専攻プログラム(サブメジャー)を置き、多様な学修を可能にする教育環境を整備している。
  • メジャー選択を通じて、自発的な学修設計とその達成を体験できるカリキュラムとなっている。
  • ほとんどのメジャーにフィールドワーク系の科目を置き、国内外のフィールドでの実践的・体験的学修の機会を提供している。特に、フィールドワークの企画・運営に学生が関わることを重視している。

3.ディプロマポリシー(学位授与の方針)

国際教養学部・国際教養学科では、所定の修業年限以上在籍し、所定の単位数を修得し、以下の素養を身につけ、かつ卒業論文審査に合格した学生に対して卒業を認定し、学士(国際教養)の学位を与えます。

  • 常に社会的公正を希求し、基督教主義に基づく人間愛にあふれる豊かな人間性と倫理観
  • 幅広い教養と国際感覚に裏打ちされた専門的な知識・技能
  • 国際的な視野と身の回りへの細やかな配慮に基づく問題発見・解決能力

人間生活学部(Faculty of Human Life Studies)
生活デザイン・建築学科(Department of Life Design and Architecture)
管理栄養学科(Department of Nutrition and Health Promotion)
幼児教育心理学科(Department of Child Education and Psychology)

1.人材養成に関する目的と教育研究上の目的

人間生活学部では、多様な問題が存在する現代社会において、人々が健康で豊かな生活を創造し、次の世代へ普遍的な価値を継承していくことで、生活の質を向上させ真の人間性を確立することができるよう支援し、家庭および地域社会において高度に貢献できる人材を育成します。自己と隣人の生活の質を高めるために、豊かな衣生活および住生活の実現に向けて創意工夫し社会で応用する力、科学的な視点で食や健康の諸問題を発見し改善策を見出し実践できる力、子どもの内面を深く洞察し子どもの主体的な人間形成を支援する力を身につけ、生活デザインと住居・建築、健康と食・栄養、幼児・児童教育と心理学の領域において女性としての感性と創造性を発揮し、強い倫理観と実践力、コミュニケーション力を備え自立した専門家を養成することを目的とします。

生活デザイン・建築学科は、家政学の研究領域である「衣・住」の分野において、人間の身体および、その周辺環境である衣服、生活用品やインテリア、住居空間・建築・都市とその環境緑化等、人間の多様な生活空間・環境を統合し、よりよい生活空間をデザインする知識と技術を身につけさせます。さらに、デザインをするために必要な精神性をもった人材を養成し、社会・地域・家庭において幅広く貢献し、活躍できる能力を修得させます。

管理栄養学科は、食に関する知識と人体の構造や変化に関する知識を修得し栄養の科学を様々な角度から総合的に理解する力を養い、倫理観と実践力をもって、健康増進、健康障害の治療・再発防止等において、食を通して幅広く貢献できる専門家を育成します。

幼児教育心理学科は、キリスト教主義にもとづく人間教育の理念を基礎としながら、幼児期・児童期における子どもの人格形成を真に支援していくことのできる人材を育成します。その際に、心理学の基本的な知識を身につけ、子どもの内面を客観的かつ共感的に認識する資質を涵養することで、常に子どもの立場から援助できる保育者・教育者となることを重視します。また、家庭や地域社会においても創造的な教育力を発揮することのできる人材の育成をめざします。

2.カリキュラム・ポリシー

人間生活学部

幅広い教養と豊かな人間性を涵養するための科目を設けることで、人間生活に対して広い視野をもってかかわることができるようにします。さらに、各学科が目的とする健康で豊かな人間生活の支援に必要とされる専門性を身につけるための体系的な教育課程を編成し、各分野において実践的な知識・技術を修得し社会に貢献できる力を育成します。

生活デザイン・建築学科

生活デザイン・建築学科は、被服・ファッション分野、インテリア・住居・建築の各分野で活躍し、社会に貢献することができる人材を養成するため、次のように科目群を設置します。

  1. 被服・ファッション領域においては、服飾史・服飾美学、ファッションデザイン、ファッションビジネスに関する実践的基礎および応用能力を修得するための講義・演習・実習科目
  2. インテリア・住居・建築領域においては、設計デザインに至る実践的基礎および応用能力を修得するための講義・演習・実習・実験科目
  3. 大学における学びの集大成としての卒業研究セミナー、卒業論文(卒業制作等を含む)
管理栄養学科

管理栄養学科は、食と健康の専門家として社会に貢献できる人材を育成するために、専門科目および関連科目ⅠⅡにおいて、次のように科目群配置します。

  1. 食品・衛生、人体、健康増進の視点から系統的に学び、管理栄養士として必要な知識や技術の修得を目的とする科目
  2. 課題発見・問題解決能力の育成をはかる卒業セミナー・卒業論文
  3. 資格取得に関わる学修を行う関連科目
幼児教育心理学科

幼児・児童教育に従事するうえで必要となる総合的な力を育成するためのカリキュラムを編成しました。共通基礎科目、共通教養科目・専門基礎科目、専門科目、関連科目をバランスよく配置することで、基礎的な知識技能および教養を身につけるとともに、個人の目的に応じて保育士、幼稚園・小学校教諭免許、認定心理士、カウンセリング実務士、およびその他の資格を選択取得できるようにしました。

  1. 共通教養科目においては、資格取得に関わる専門科目に先立って、幅広い教養を身につけるための教養科目を設けました。
  2. 幼児・児童教育の専門分野における学修へのレディネスを身につけるため、共通教養科目の中に、「心理学基礎論」「子どもと遊びⅠ~Ⅲ」などの科目群を配しました。
  3. 専門科目では幼児教育および心理学の専門を体系的に学修できるようにし、さらに関連科目において資格取得にかかわる発展的な学修ができるようにしました。

3.ディプロマポリシー

健康で豊かな人間生活を創造し支援していくことのできる専門家としての知識と技術を修得し、社会に貢献しようとする態度を身につけておりまた、専門的な知識・技術にとどまらず幅広い教養を身につけるとともに、人間としての基本的な資質である社会性やコミュニケーション力等を身につけていることを人間生活学部における学位授与の要件とします。

生活デザイン・建築学科

生活デザイン・建築学科は、本学科の教育課程において、所定の修業年限以上在籍し、所定の単位を修得し、以下の資質・能力を身につけ、かつ卒業論文審査に合格した学生に対して「学士(家政学)」の学位を与えます。

  1. 被服・ファッション、インテリア・住居・建築に関する教養・専門知識・技術
  2. 社会に適合し、活躍するために必要な人間関係形成能力および問題解決能力
  3. 社会および家庭において、生活の向上と地域、福祉のために貢献できる能力
管理栄養学科

管理栄養学科では、本学科の教育課程において、所定の単位を修得し、以下の資質・能力を身につけた者に対して「学士(家政学)」の学位を授与します。

  1. 健康増進、健康障害の治療・再発防止等に関わる食の知識を深め、対象に合わせた食事管理を行う能力
  2. ライフステージ・ライフスタイル、疾病による人体の変化を理解し、対象に合わせた栄養・健康管理を実践できる能力
  3. 倫理観をもって、円滑なコミュニケーションをはかりながら対象者の生活の質の向上に貢献できる能力
幼児教育心理学科

幼児教育心理学科は、本学科の教育課程において、所定の単位を修得し、以下の資質・能力を身につけた者に対して「学士(幼児教育心理学)」の学位を授与します。

  1. 心理学の視点から子どもの心身の発達過程を理解し、子どもの遊びや学びを支援することのできる知識・技能と豊かな表現力
  2. 子どもの生活支援・発達支援・学習支援を行うための具体的な方法を構想する力
  3. 家庭・地域社会において子育て支援を行うための基本的な知識・技術

大学院(Graduate School)
言語文化研究科(Graduate School of Language and Culture)
人間生活学研究科(Graduate School of Human Life Science)

言語文化研究科

1.人材の養育に関する目的と教育研究の目的

今日の教育機関・各種言語文化研究所・博物館などにおける問題に対処できる言語文化の基礎研究と応用研究を推し進める専門的な業務に従事できる高度な専門的職業人や研究者を養成するとともに、社会人への再教育や生涯学習の機会提供を通して、国際社会にも対応できる人材を育成します。

2.カリキュラム・ポリシー

言語文化研究科は、本研究科の教育・研究目標を達成するために、文献研究、すなわち原典の精緻な読解・把握と、先行する研究の批判的検証によって、専門分野の研究の基礎を強固なものにし、高度の専門的職業人、自立した研究者となることができるように、教育・研究のプログラム(カリキュラム)が組まれています。加えて、他領域との積極的協力関係を強化し、学問の発展・進歩に対応できるよう、総合的、学際的科目を設けるとともに、他専攻や他研究科の授業、及び、単位互換制度による授業を履修できるようにしています。

3.ディプロマポリシー
博士前期課程

言語文化研究科博士前期課程は、本研究科の教育・研究目標に掲げる人材育成の方針に沿った研究活動を行い、所定の単位を修得し、次に掲げる修士学位論文審査基準にもとづく論文の審査を経て、専門分野における研究能力を修得したとみなされる学生に修士の学位を授与します。

【修士学位論文審査基準】

  1. テーマの選定:研究目的が明確で、課題設定が適切になされていること。
  2. 研究方法の適切性:テーマに即した適切な研究方法がとられていること(データ、資史料、作品、例文などの処理・分析・解釈の仕方も含む)。
  3. 論旨の妥当性:結論を導く根拠が客観的かつ論理的に提示されており、この根拠にもとづき、当初設定した課題に対応する明確かつオリジナルな結論が提示されていること。
  4. 文章表現力:論文に相応しい表現が用いられており、要旨・目次・章立て・引用・注・図版等に関しての体裁が整っていること。
  5. 倫理的配慮:研究計画の立案および遂行、研究成果の発表ならびにデータの保管に関して、適切な倫理的配慮がなされていること。また、学内の倫理規程や研究テーマに関連する学会や団体の倫理基準等を遵守していること。
博士後期課程

言語文化研究科博士後期課程は、本研究科の教育・研究目標に掲げる人材育成の方針に沿った研究活動を行い、所定の単位を修得し、次に掲げる博士学位論文審査基準にもとづく論文の審査を経て、専門分野において研究者として自立して研究活動を行うに足る高度な研究能力を修得したとみなされる学生に博士の学位を授与します。

【博士学位論文審査基準】

  1. テーマの選定:研究目的が明確で、課題設定が適切になされていること。
  2. 研究方法の適切性:テーマに即した適切な研究方法がとられていること(データ、資史料、作品、例文などの処理・分析・解釈の仕方も含む)。
  3. 論旨の妥当性:結論を導く根拠が客観的かつ論理的に提示されており、この根拠にもとづき、当初設定した課題に対応する明確かつオリジナルな結論が提示されていること。
  4. 文章表現力:論文に相応しい表現が用いられており、要旨・目次・章立て・引用・注・図版等に関しての体裁が整っていること。
  5. 倫理的配慮:研究計画の立案および遂行、研究成果の発表ならびにデータの保管に関して、適切な倫理的配慮がなされていること。また、学内の倫理規程や研究テーマに関連する学会や団体の倫理基準等を遵守していること。
  6. 上記の基準に加え、専門分野において研究者として自立して研究活動を行うに足る高度な研究能力および学識が認められること。

人間生活学研究科

1.人材の養成に関する目的と教育研究の目的

教育職員・学芸員・建築士・栄養士などを対象に、国際化・情報化・高齢化・価値観の多様化などで表象される現代社会で人間生活の諸問題に実践的に対処できる専門的職業人や研究者を養成するとともに、人間生活学分野における社会人への再教育や生涯学習の機会提供を通して、地域社会および国際社会に貢献できる人材を育成します。

2.カリキュラム・ポリシー

人間生活学研究科においては、現代社会で人間生活の諸問題に実践的に対応できる専門的職業人や研究者を養成するために、以下の方針によって教育課程を編成します。

  • 人間生活学を総合的に研究し、本学の建学の精神であるキリスト教主義にもとづく広い視野を獲得するために、
      生活文化・生活科学両専攻の学生が履修する「共通科目(専門基礎科目、専門関連科目)」を設置します。
  • 生活文化専攻においては生活経営、生活文化、生活造形、生活科学専攻においては健康形成、健康管理、生活
      環境、地域環境に関する科目を大講座制のもとで開講します。
  • 社会人の再教育や生涯学習の機会を提供するため昼夜開講、男女共学とします。
  • 修士論文・設計の指導を単位化し、一貫した修士論文・設計指導を実施します。
3.ディプロマポリシー

2年以上在学して、所定の単位を修得し、必要な研究指導を受けて修士論文を提出、その審査に合格し、以下の目標に達した者に修士の学位を授与します。

  • 人間生活学の各研究分野について専門的知識・能力を修得し、その分野の理論的・実践的発展に貢献できる。
  • 人間生活についての深い理解に根ざした研究成果を国内外に発信する表現力を備え、高度な専門的職業人と
      して実社会で活躍できる、あるいは独創性のある研究者を目指してさらに研究をつづける能力を身につけている。

【修士学位論文審査基準】
人間生活学研究科修士課程は、本研究科の教育・研究目標に掲げる人材育成の方針に沿った研究活動を行い、所定の単位を修得し、提出された修士学位論文が次の審査基準を満たした時に修士の学位を授与します。

  1. テーマ選定:研究目的が明確で、課題設定が適切になされていること。
  2. 研究方法の適切性:テーマに即した適切で合理的な研究方法がとられていること。
  3. 論旨の妥当性:結論を導く根拠が客観的かつ論理的に提示されており、この根拠に基づき、当初設定した課題に対応する明確で独創性のある結論が提示されていること。
  4. 文章表現力:論文に相応しい表現が用いられており、かつ論文題目(タイトル)、要旨、目次、章立て、引用、図表等に関して体裁が整っていること。
  5. 倫理的配慮:研究計画の立案、遂行、研究成果の発表ならびにデータの保管に関して、適切な倫理的配慮がなされていること。また、学内の倫理審査規程や研究テーマに関連する学会や団体の倫理基準等を遵守していること。