Total Student Support Center

「環境が人を育てる」
― ユニバーサルデザインの教育実現へ ―

図書館

平成23年度文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業により、光風館を「総合学生支援センター」としてリニューアルしました。全館をキリスト教主義の「隣人愛」に基づき、人にやさしい空間としています。
住環境ソムリエによる、体に影響を及ぼす空気や光の存在を勘案した設計デザインを採用し、室内の空気を汚さない建材を使用しています。赤土色が特徴の「京の赤壁」を主とし、床には籐や麻、コルク、オーガニッククロスの天井など、それぞれの部屋の用途に応じて色、光、空気の種類、匂い、触感の違いが感じられます。また、壁や天井に反射させる間接照明は各部屋をほのぼのとした空間へと変化させ、そこに憩う人をやさしく包んでくれます。
TSSCは、からだとこころにやさしい、この真綿のような空間の中で、すべての学生たちがお互いに助け合い、共に成長できるよう願いのこもったサポートセンターです。

1階・多目的スペース

1F

学生が自由に利用できる多目的スペースや個室を備えています。個室では、学習支援を希望する学生に、授業配信も行っていますので、個室で授業を受けることも可能です。

1F 1F

2階・障がい学生高等教育支援室

2F

障がいのある学生のための学習支援を行っています。教育における情報保障の観点から、授業に使用される資料の点訳や拡大コピー、多地点接続システムによる授業配信や、音声認識装置システムによる字幕付き授業配信をします。また、2階には、リラクゼーションのための空間として、「ウーム」と呼ばれる個室を用意しております。学生は、希望すれば、「ウーム」を利用することができます。

2F 2F

3階・ボランティアセンター/アカデミック・サポート・センター

3F

ボランティアセンターでは、学生が安心してボランティア活動を行えるようにサポートしています。ボランティア活動に関する情報の提供や、活動に必要な専門的スキルを身に付けるための研修会も行っています。3階には、アカデミック・サポート・センターもあります。

3F 3F

4階・健康管理センター・障がい学生高等教育支援室(学生相談)

4F

健康管理センターは、学生の心と身体の健康をサポートします。保健師が常駐し、学生の健康問題に対応しています。
障がい学生高等教育支援室(学生相談室)では、障がいのある学生や、修学上困難を抱える学生を対象に、相談支援を行っています。相談内容は、学修・就労・生活に関することなど、修学にかかわることなら特に限定しませんので、気軽に利用してください。学生の保護者からの支援の相談や申し込みも受け付けています。

4F 4F