学生生活サポート

一人ひとりの学生生活をきめ細かにバックアップ。

学生の相談に応じる取り組みや、ひとり暮らしや学費をサポートするシステムなど、学生生活をしっかりとバックアップする体制を整えています。

カウンセリング
カウンセリング

プライベートな悩みに対応
専門職員によるカウンセリングを実施

学生の個人的な悩みに対応する「カウンセリングルーム」(ヒノハラホール4階)を設置しています。専門のカウンセラー(臨床心理士)によるカウンセリングのほか、希望者は心理検査を受けることができます。
月曜日~金曜日 8:30~17:00
土曜日は隔週  8:30〜12:30

健康管理センター
健康管理センター

専門の職員(学校保健師)が、
学生の健康をサポート

けが、体の不調に対する応急処置、健康診断、健康診断後の対応、日頃の体調管理についての相談などを行っています。新入生(自宅外)のために、お料理教室も企画しています。

キャンパスサポーター
キャンパスサポーター

先輩のアドバイスで
新入生は不安を解消

入学したばかりの頃は、学内の施設の場所や利用方法など、わからないことばかりです。しかし心配することはありません。2~4年生の先輩が担当するキャンパスサポーターが親切に学内を案内し、アドバイスを送ります。

奨学金制度

教育の機会均等に寄与するために、学資の貸与や修学の援助を行う各種奨学金制度を設けています。

日本学生支援機構貸与奨学金

人物・学業ともに優れ、かつ健康な学生で、経済的理由のため修学困難な学生に貸与される奨学金です。無利子貸与の第一種奨学金と有利子貸与の第二種奨学金があります。

広島女学院大学貸与奨学金

本学独自の奨学金制度です。入学年度の授業料相当額を修学年限以内で無利子で貸与しています。1年生の募集は、秋に行います。

ゲーンス学術奨励賞

校母ゲーンス先生の遺徳を偲び、本学が設けた学術奨励賞です。本学の建学の精神をよく理解、体得し、学術研究に精励して学生の模範となっていると評価される各学科の4年生1名に授与されます。受賞者には賞状および副賞が授与されます。

ゲーンス奨学金

校母ゲーンス先生の遺徳を偲び、広島女学院同窓会が設けた奨学金です。経済的事由から学業継続が困難となった学生に、1名につき20万円を4名に給付します。(3・4年次対象 2014年度実績)

その他

修学授助費[広島女学院大学協力会(4年次対象)]や、その他外部団体の奨学金も利用できます。

学生マンションの斡旋

本学の学生課では、一人暮らしを始める学生のために、安心して暮らせる優良なマンションやアパート等を厳選し、斡旋しています。

学生寮「ドミトリー広島」

学生寮「ドミトリー広島」の場合

朝と夕に栄養士がつくる食事が出ます。家具も揃っており、インターネット回線もつながっています。JR広島駅まで徒歩6分、駅からシャトルバスで本学まで15分と、通学にも便利です。

所在地 広島市東区上大須賀町7-4(JR広島駅より徒歩6分)
施設概要 鉄筋コンクリート造6階建て/洋室(全84室)
家賃 朝・夕2食付きで63,500円から
近隣にも多くの
賃貸マンションがあります。
家賃 月/35,000円から

※「ドミトリー広島」は、本学指定の民間企業委託女子寮です。